FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.29 (Mon)

漫画:『マンガ 物理に強くなる』 / 鈴木みそ・関口知彦 (原作)

マンガ 物理に強くなる (ブルーバックス)マンガ 物理に強くなる (ブルーバックス)
(2008/08/21)
関口 知彦 (原作)

商品詳細を見る
『マンガ 物理に強くなる』 / 鈴木みそ・関口知彦 (原作)(2008年発売)
鈴木みそって、たしかファミ通の人だよなあ…。

図書館で借りたのですが、
この本はとてもおもしろくてわかりやすかったです。
物理学のことを、感覚でわかりたい人にオススメ!
漫画でわかりやすく説明してくれます。

【続き・・・】

物理学を理解するには、
・数式で理解する
・スポーツなどを通して、体感・感覚として理解する
・理科の実験などを通して、体験して理解する
・イメージや想像力で理解する…

などなど、様々なアプローチの仕方があります。

「物理学って、なんか難しいんじゃないの?
数学とか必要だし…」
という印象を持っている方も多いと思うのですが、
そんなことないんですよ。

例えば、イチローや長嶋茂雄は、
物理学を、数式を用いて解くことはできないかもしれない。

だけど彼らは実際には、
バットでボールをぼこぼこ打ちまくってます。

これは、地球物理学や力学を理解出来ていて、
ちゃんと脳で計算して、
数値を算出しているからできるのです。

重力とか、作用・反作用とか、慣性の法則とか。

言葉にすると、いかにも難しそうですが、
「ボールを投げたらどういう風に落ちるか」といったことは、
地球で何年も生きている人間には、
誰でも簡単にわかることなのです。


そしてこの漫画の紹介に入りますが、
ここでは、「野球部のエースの男の子」と、
「物理学の天才の女の子」が登場します。

男の子は、スポーツ。
女の子は、数式や実験。あるいは脳内のイメージ。
それぞれ違ったアプローチから、物理力学を体得しています。

ただ、男の子の方は、学校の成績がよくない。
そこで女の子が、
「あなたはほんとは理解できてるのよ」と言いながら、
物理学の先生をしてあげる、というお話です。

その教え方が、とてもわかりやすくて、おもしろいのです。
「なるほど!」と、スッキリしました。
地球物理学ってやつは、ほんとにおもしろいです。



★例題:一定の方向に、一定の速度で進んでいる電車があります。
右手に持ったボールを、
肩の位置から真下に落としたらどうなるか?

答え:ボールを落とした位置の、真下に落ちる。
(なぜなら、ボールも
電車と同じ速度で飛んでいるため。)
後ろには落ちないですよ。

web拍手
21:25  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mackinmush.blog17.fc2.com/tb.php/247-ad411d62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。