2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.28 (Sun)

★School of Seven Bells / 『Alpinisms』

最近になって、またSchool Of Seven Bellsを聴きまくっています。
2009年のサマソニに出演していたことでも、記憶に新しい。

AlpinismsAlpinisms
(2009/07/21)
School of Seven Bells

商品詳細を見る

School of Seven Bells / 『Alpinisms』 (2008/10/29)


【続き・・・】


 
音楽はここで聴けます。↓
http://www.dizzler.com/music/School_Of_Seven_Bells

歌詞はここで見れますね。だいたいあってる。↓
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fwww.songmeanings.net%2Fartist%2Fview%2Fsongs%2F137438986037%2F&anno=2

l_25e822fa5e0e4c0c903f4acf89420c11.jpg
School of Seven Bellsは、元The Secret MachinesのBenjamin Curtisと
元On!Air!Library!のAlejandra Deheza,Claudia Dehezaの双子の姉妹が結成した3人組バンドです。
ブルックリンを拠点にしているバンドと言えば、
MGMTもそうですが、こちらもなかなかのエレクトロサイケなサウンドです。

なんていうか、個人的に、
「双子のツインボーカルのハーモニー+サイケデリック+エレクトロシューゲイザー」
っていう構造がものすごくツボ!

そもそも双子っていうシンメトリーな存在が、
すでにサイケデリックです。

ちなみに『School of Seven Bells』っていう名前は、
80年代に南米に存在してかもしれないという、
伝説のスリ養成学校からとったそうです。
なんともミステリアス。

以下インタビュー(ここ)から引用。アルバムタイトルの由来について。
『アルピニストとは、ロープまたは酸素の使用なしで山を登る観念の登山家グループで、
それ以外の登山方法では山に失礼であると信じている純粋主義者。
タイトル「Alpinisms」はレネイ・ドーマルの未完の小説「Mount Analogue」から
インスパイアされたものだ。そこでレネイは Analogical Alpinism について言及している。
彼は山に登る芸術と、 Alpinism を定義した。
そして動作の中で知識を完成していくことを芸術と定義し、
そして、彼は人生を芸術と定義した。
「Alpinisms」は登山歌集だ。』
だそうです。

このアルバム、代表曲の『Half Asleep』もいいのですが、
捨て曲ないんじゃないかってくらい、全部いいです。
ただ、聴くのに体力がいりますね。
慣れるまで疲れました。

ところで彼女たちの曲にはよく「sleep」と出てきますが、
スクールオブセブンベルズは眠いんでしょうか。
それとも彼女たちは、
人々の悪い夢を食べては、サイケデリックな夢へと誘う、
バクか夢前案内人のような存在なんでしょうか。


School of Seven Bells - "Half Asleep"

「Sometimes I go whole days listening, bored, half sleep
I won't say anything that's worth a thing to me
One day, suddenly, time took a turn that once felt so brief
I blinked to see polite ghosts fading quickly

What begins as an unguarded train of thought slowly can become
An addiction to the slumber of disconnection
And the resonance of memory that no longer has a shape
But keeps you numb through the hours till gone is another day

Be aware, my darling these things I say I mean
Are just traces of something I long to feel again
I see our time expand in the air almost forcibly
Spreading thinner till it dissolves completely

What begins as an unguarded train of thought slowly can become
An addiction to the slumber of disconnection
And the resonance of memory that no longer has a shape
But keeps you numb through the hours till gone is another day」


去年サマソニで見た時は、もうどうしようってくらいよかったです。
お酒飲んでへべれけになって、屋内(ソニック)で聴けて幸せでした。
また来日しないかな~。

web拍手

テーマ : 洋楽CDレビュー ジャンル : 音楽

14:42  |  POPS/ROCK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mackinmush.blog17.fc2.com/tb.php/283-7963222c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。