FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.03 (Fri)

音楽:★ウリチパン郡/『ジャイアント・クラブ』

ジャイアント・クラブジャイアント・クラブ
(2008/04/23)
ウリチパン郡

商品詳細を見る

ウリチパン郡/『ジャイアント・クラブ』

いいですね~、ウリチパン郡。
ミュージック・マガジン(愛読書その3・音楽雑誌)で、
岡村詩野(音楽ライター)が絶賛してたので聴いてみたら、
想像以上によかったです。
明日の渚音楽祭に出演するらしいので、見る予定。

My Spaceはコチラ!
http://www.myspace.com/urichipangoon

J-popの新境地かも知れない。
でも、日本人の深いところに眠る記憶も想起させられます。
日本のお祭りっぽい。コブシの感じや、横揺れのリズムが。

細胞は、遺伝子を通じて、あらゆる記憶を保存し、伝達しているそうです。
初めて見たはずの蛇を恐れるのは、
細胞の記憶だそうな。

ウリチパン郡も、それで懐かしいのかな。
初めて聴いた感じがしないのは、古来からの日本人の記憶によるものかも。


以下は、CDの帯からの抜粋。

POPSの究極のすがたは、わらべうたかな?
このアルバムを聴いていて、フトそんなことを思いました。
すごく時間をかけて、ていねいにつくってあるね。
坂本龍一

こんな音楽に出会えた事が嬉しくて仕方がない。
間違いなく日本屈指のポップグループ。
アルタナティブなポップのひとつの極みであるのに、
未来を感じる音楽だ。
トクマルシューゴ

黒潮にのってやってきた!?
こんな爽やか変態、聴いたことない。
UA

トクマルシューゴっぽいな、と思ったら、
やっぱり彼もベタ褒めしてますね。



追記:この人たちあれですね、アルゼンチン音響派セッションに、
個々で出演してはったんですね。意外なところで繋がってるなあ。

ファナ・モリーナなどのサポートなどで知られる
フェルナンド・カブサッキ、アレハンドロ・フラノフ、
サンチャゴ・バスケスらのアルゼンチンミュージシャンらと
セッションライブを敢行。してたそうです。

web拍手
03:23  |  日本のPOPS/ROCK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mackinmush.blog17.fc2.com/tb.php/63-00f36190

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。